医療法人社団甲越会 やもと歯科医院 練馬区田柄5-27-11

やもと歯科医院

心と体の健康はお口から

歯を失ったら(ブリッジ、入れ歯、インプラント)

私たちの生命活動は、言うまでもなく食べることによって支えられています。食べるために無くてはならない器官が“歯”。私たち歯科医療スタッフは全力で、皆様の歯を守るべく、日々奮闘しています。ところが、歯の寿命は、長くなった平均寿命に追いついていません。
残念ながら、失ってしまった歯を補う方法には、入れ歯(部分床義歯)、ブリッジ、インプラントがあります。
それぞれに長所・欠点があり、患者さんのニーズに最も近いものを選択するようになります。
ここでは、主に入れ歯とブリッジをご説明します。



私たちの生命活動は、言うまでもなく食べることによって支えられています。食べるために無くてはならない器官が“歯”。私たち歯科医療スタッフは全力で、皆様の歯を守るべく、日々奮闘しています。ところが、歯の寿命は、長くなった平均寿命に追いついていません。
残念ながら、失ってしまった歯を補う方法には、入れ歯(部分床義歯)、ブリッジ、インプラントがあります。
それぞれに長所・欠点があり、患者さんのニーズに最も近いものを選択するようになります。
ここでは、主に入れ歯とブリッジをご説明します。

ブリッジとは・・・
失った歯の部分の左右の歯を支えとしてそこに橋を架けるように義歯を入れる方法です。
・ブリッジの長所
・自分の歯を土台とするため、自分の歯で噛んでいる感じがする
・保険での治療も可能
 (但し、使用材料が限られる)
・入れ歯と比較して見た目が良くできやすい
・違和感がほとんどない
・ブリッジの短所
・周囲に健康な歯が必要
・周囲の健康な歯をある程度削らなければならない
・土台となる歯が弱い場合はできない
・失った歯が多い場合はできない


入れ歯(部分床義歯)とは・・・
入れ歯(部分床義歯)とは、粘膜で支える義歯です。
・入れ歯の長所
・多くの歯を失った場合でもできる
・健康な歯を削る量を少なくできる方法もある
・清潔に保てる
・保険でもできる(但し、材料や設計が限られる)
・入れ歯の短所
・お餅やガムなど噛めないものがある
・噛む力はブリッジやインプラントに比較して弱い
・見た目が悪くなることがある (設計によっては改善可能)
・ブリッジやインプラントに比較して違和感がある
・着脱が煩わしい


インプラントとは・・・

骨の中に人口の歯の根を埋め込む方法です。

咬む力が入れ歯やブリッジと比較して格段に高く、自分の歯と同程度で違和感もありません。
健康な歯を削ることもないので、残っている歯に対してもやさしい治療法と言えます。
保険の適用にならない、時間がかかる、外科処置が必要なこと等がインプラントの欠点といえます。

詳細はインプラントの項でご説明します。



入れ歯の種類

入れ歯にはさまざまな材料や設計があります。

当院では患者さんのお口の中の様子やご希望(ニーズ)に近づけるような入れ歯を製作を目指しています。

入れ歯はあくまでも歯を失った方のリハビリの道具です。

従って、当院では入れ歯が出来上がったら終わりではなく、患者さん自身が入れ歯を自分の体の一部にできるようにサポートすることが大切と考えています。

下記に代表的な入れ歯についてご説明します。


・レジン床義歯(保険)
プラスティックでできた入れ歯で保険が適用されるので経済的です。
しかし、保険診療では材質、形態などに制限がありますので、強度、違和感、残りの歯の保全等にやや問題がある場合もあります。
・金属床義歯
精密鋳造した金属を骨格に使い、より合理的な入れ歯の設計が可能であり、部分入れ歯(歯が残っている方の入れ歯)の基本的な製作法と言えます。
合理的な設計が可能なため、がたつきが少なく、残っている歯に必要以上な力がかかりにくい設計が可能です。
プラスティックに入れ歯に比べ、金属を使用するため食べ物や飲み物の熱が伝わりやすく、自然に近い味覚が得られます。
また、薄く小さく馴染みやすいので違和感が少なく、発音なども比較的なめらかにすることができます。
また汚れがつきにくく、気になる入れ歯特有の臭いが少なく衛生的です。
金属の材質はコバルトクロム合金、チタン合金、金合金などがあります。
・ノンクラスプ義歯
入れ歯の歯肉に相当するピンク色のプラスチックに弾力性のある素材を使用することにより、通常の入れ歯で使用する歯に引っ掛ける金具(クラスプ)を使用しない入れ歯です。
そのため、目立たず、見た目の良い入れ入れ歯と言えます。
弾力性のあるプラスチックを使用しているため、割れにくくフィット感もよいです。
但し、入れ歯を支える歯にやや強い力がかかりやすいので、残っている歯は丈夫である必要があります。
・磁性アタッチメント
磁性アタッチメントとは入れ歯を磁石で歯にくっつかせる装置です。
通常、入れ歯側に磁石を組み込み、歯は根だけにして磁石にくっつく金属を埋め込みます。
歯に負担がかかりにくい構造となり、やや弱めの歯や残り少ない歯しかない場合に有効となることが多いです。

・コーヌスクローネ義歯
コーヌスクローネ義歯は2重構造でできた冠を使った嵌め込み式の機構を用いたドイツ式の入れ歯です。
入れ歯を歯に引っ掛ける金具(クラスプ)がないため、見た目が良く、しっかり固定され、がたつきが少なく、比較的強く噛みやすい入れ歯です。
しっかり固定されますが、支えている歯に無理な負担がかかりづらく、入れ歯を外した際に入れ歯を支える歯の清掃がしやすくなるため、歯に優しい入れ歯と言えます。
欠点としては支えている歯に2重の冠が被るため削る量がやや多く、製作に高度な技術を必要とします。
下の写真はコーヌスクローネ義歯を装着した2つのケースです。
左は入れ歯を外した状態で、右は入れ歯を入れた状態です。

【ケース1】  入れ歯を外した状態


        入れ歯を入れた状態



【ケース2】  入れ歯を外した状態


        入れ歯を入れた状態



医療法人社団甲越会 やもと歯科医院
〒179-0073 東京都練馬区田柄5-27-11ハートビル 2F
03-3999-8818

Copyright (c) Yamoto Dental Clinic All Rights Reserved.